泌尿器科を利用して尿失禁を改善しよう|悩みスッキリ解消ガイダンス

子どもにもあります

woman

サポートが大切

尿失禁は、大人だけの問題ではありません。子どもの場合には、昼間に尿漏れが起きる昼間遺尿と夜尿症の2つに分けることが出来ます。昼間遺尿の場合には、筋肉が未発達であることやトイレを我慢することが原因として挙げられます。筋肉が十分に発達すると、自然に尿失禁も治まってきます。治療法としては、行動療法によるトレーニング両方や薬物療法があります。また、夜尿症は尿意に気が付かないという事があります。酷い標識金が中高学年までに続く場合には、症状を緩和するための治療が行われます。子どもの尿失禁は保護者のサポートが大切になります。深刻になり過ぎるということは子どものプレッシャーとなりますので、注意が必要となります。

生活習慣を見直そう

子どもの尿失禁は決して珍しいものではありません。以前よりも情報を簡単に得ることが出来るようになったこともあり、様々な治療法や対策法を知ることも簡単になりました。以前は、子どもの尿失禁の原因の一つとして、ストレスがあると考えられてきましたが、近年ではそれほど大きな影響は無いとも言われています。ただし、年長児から小学校入学の前後になってから症状が現れるようになったという場合にはストレスが影響している可能性もあります。成長することで症状は治る可能性のある尿失禁ですが、生活習慣を見直すということも大切になります。医師の指導やアドバイスを参考にしながら、生活習慣を見直すことで医薬品を使用せずに症状が改善されることもあります。